裁断機「PK-513L」「PK-513LN」の違い

twitter google+ LINE はてなブックマーク

プラス社から発売されている裁断機「PL-513」シリーズ。

自分で書籍をスキャンして電子書籍化をする自炊ユーザーの多くの人に支持されている裁断機です。

この裁断機には、以前販売されていた型番「PK-513L」(画像左)と、新たに販売が開始された「PK-513LN」(画像右)の2種類が現状発売されています。(2012年3月現在)

「PK-513LN」にはamazon.co.jp限定カラーの「PK-513LN-A」もあります。

この2種類の違いを紹介し、どちらがお薦めかをお伝えしたいと思います。

なお、将来的には「PK-513LN」のみの販売になります。

裁断機「PK-513L」「PK-513LN」のメリット

それぞれのメリットを紹介していきます。

裁断機「PK-513L」のメリット

裁断機「PK-513L」のメリットは次の通りです。

  • 価格が「PK-513LN」より販売価格が安い。(2012年3月現在)
  • ロックレバーを一度外せば、そのまま裁断用ハンドルが下げられる
  • 台盤の滑りが良い
  • 刃の部分を研磨して使っていくことが可能

裁断機「PK-513LN」のメリット

裁断機「PK-513LN」のメリットは次の通りです。

  • 刃の替えがしやすい
  • 紙ずれがしにくい
  • ロックレバーの仕組みがより強固になっている
  • 台盤が碁盤の目のようになっていて目安がつけやすい

裁断機「PK-513L」「PK-513LN」の紙ずれの違い

裁断機「PK-513L」「PK-513LN」、とちらを選べばいいか迷いますが、基本的にどちらも裁断性能が高いため、買って失敗することはありません。

ただ、チェックしたいポイントがあります。

それは「紙ずれ」に関してです。

裁断機を下ろした際に、切断面がやや斜めになることがあります。これが紙ずれです。この影響を両機種で見比べた場合、「PK-513LN」の方が紙ずれが少ないという結果が出ています。

実際に比較してみれば一目瞭然かと思います。上の画像が以前から販売されている「PK-513L」、下の画像が新しい「PK-513LN」です。

この紙ずれによる影響は、文章系であればあまり問題ありませんが、特に漫画の見開きページなどで顕著になります。

見開きページは出来るだけぎりぎりの位置で裁断し、絵が描かれている部分を出来るだけ切らないようにしたいものの、紙ずれがあると思った以上に切れてしまうようなこともあります。

そうした心配を軽減するのが、紙ずれの少ない「PK-513LN-A」と言えるでしょう。

裁断機「PK-513L」「PK-513LN」のその他のチェックポイント

紙ずれ以外で、チェックしておきたいポイントを紹介します。

裁断用レバーの下ろし方

「PK-513LN」では、ロックレバーを外しながら裁断用レバーを下ろさなければいけません。これが意外に面倒です。

「PK-513L」では一度ロックレバーを外すと、一度裁断を終えるまでは外れたままになります。

「PK-513LN」を利用する際のコツとしては、右手でロックレバーを外し、肘で少し裁断用レバーを下ろすようにするという方法がお薦めです。

台盤の滑りやすさ

「PK-513LN」では台盤が碁盤の目のようになっており、その場所は少しくぼんでいます。これもあってか、「PK-513L」と比べて紙を滑らしにくく感じます。

特に、移動ガイドを利用しながら本を移動させるときに、この滑りにくさを実感出来ます。

もっとも、この辺りは慣れの問題もありますので、慣れれば気にならなくなりますし、そもそも、両方を使わない限りは意識にすら上がらないかもしれません。

「PK-513LN」「PK-513L」の価格差に関して

2012年3月時点で、基本的に「PK-513LN」の方が価格が高くなっています。

amazon.co.jpでの実売価格で5000円ほどの差があります。

また、amazon.co.jp限定カラーであれば3000円の差です。

もしかしたら、将来的に同じくらいの価格になるかもしれません。

「PK-513LN」「PK-513L」の替刃に関して

「PK-513LN」は、刃を研ぐことができません。しかし、替刃の価格は「PK-513L」より安くなっています。

一方、「PK-513L」は刃を研ぐことが出来ます。しかし、買い換える場合は「PK-513LN」より高くなります。

研磨してもらう場合、プラス社に依頼すると結構な価格になります。自分で研いだり、金物屋などに依頼すればもっと安くなりますが、そうしたお店を探すのは大変です。

よほど多くの紙を裁断しなければ、替刃や研磨をする必要もありませんが、長く使い続けたいと考えている場合は、考慮する必要があるでしょう。

なお、刃の価格差は5000円ほどです。(2012年3月現在)

ドキュメントスキャナです。ネット上では使っている人が多い機種です。書籍や漫画を裁断してスキャンする際にはこの機種を選びましょう。

紙を一気に切ってくれる裁断機です。あまり太くない本であれば、本をカッターで分割しなくても裁断可能です。 本を切る時間を大幅に短縮してくれます。