imageFORMULA DR-2510C(キャノン)スキャナの設定方法

twitter google+ LINE はてなブックマーク

ここでは、キャノンより発売されている「imageFORMULA DR-2510C(キャノン)」での設定方法を紹介します。他のスキャナでも参考になる部分があるかと思いますので、関係する部分をお読みいただけたら幸いです。

なお、書籍や漫画などの細かい設定に関しては、それぞれの項目をご確認ください。

「imageFORMULA DR-2510C(キャノン)」では、添付されている「CaptureOn Touch」というソフトを用いてスキャンします。他にも添付ソフトがありますが、設定などはこの「CaptureOn Touch」に関することとなりますので事前にご確認ください。

CaptureOn Touchの項目別の細かい設定

分離給紙に設定する

スキャナの右上側にある上下に動かせるレバーを上に設定します。下のままですと、1枚のみしかスキャンできないようになっています。また、複数の紙をスキャナに設定すると、一度にすべての紙が降りてきてしまい、エラーとなります。必ず上に設定するようにしましょう。

用紙をセットする

用紙をスキャナの上の部分にセットします。

基本は本の上側が下に向ける形になります。また、ページの数字が前の方を奥になるように設定します。手前側がページ数の後ろのページとなります。

なお、漫画など、綺麗にスキャンしたい場合は、別の方法でセットします。詳細は『漫画(白黒)のスキャン』をご覧ください。

スキャンボタンを押す

スキャンを開始するため、スキャナのボタンを押します。

もしくは、パソコンのモニターに表示されている「imageFORMULA」の操作が可能な「Capture On Touch」の画面から操作します。

お好みのメニューに合わせた後に、スタートボタン、もしくはスキャナの右下にあるボタンを押します。

細かい設定をした状態でスキャンしたい場合は、その項目に合わせた後にスタートボタンを押す必要があります。

後はスキャンが完了するのを待ちます。

追加で紙をセットする

一度に載せきれない分量の紙をセットする場合は、「Capture On Touch」で「継続スキャンを有効にする」を設定しておきます。チェックボタンにチェックを入れるだけで完了です。

こうすると、スキャンが終わったら、追加の紙をセットし、再びスタートボタンかスキャナの右下のポッチが1個のボタンを押して継続してスキャンを実施します。

すべてのスキャンが終了した時

すべてのスキャンが完了したら、「ストップボタン」を押します。スキャナについているポッチが2つのボタンか、パソコンモニター上に表示されているスキャンパネルの赤い色のボタンを押します。

すべてのスキャンが終了したら、「Capture On Touch」画面上の「次のステップに進む」を選びます。 まだ続けてスキャンする場合は、「続けてスキャンする」を選びます。ここでいう続けてとは、同じpdfファイルなどのページ数を続けてとなります。

もし、事前に「出力確認をする」を選んでいた場合は、ファイル名などの設定画面になります。ここで右下の保存を選べば保存完了です。

事前に「出力確認をする」を設定していないのでしたら、自動的に保存されます。

保存が完了したら、「保存先のフォルダを開く」を選び、ファイルを確認しましょう。

以上で一通りのスキャンが完了です。

ドキュメントスキャナです。ネット上では使っている人が多い機種です。書籍や漫画を裁断してスキャンする際にはこの機種を選びましょう。

紙を一気に切ってくれる裁断機です。あまり太くない本であれば、本をカッターで分割しなくても裁断可能です。 本を切る時間を大幅に短縮してくれます。