法的な問題

twitter google+ LINE はてなブックマーク

まず、一番気になるのは、漫画コミックや書籍などを電子書籍化することに著作権に関する問題はないのか、という点があるかと思います。

この点は問題ありません。

個人が行う複製行為は個人が使う範囲内に限り、問題ないとされています。

では、他に何か問題が発生しないのか、ということがあります。

基本的に、次の行為は法律上問題が発生する可能性があります。

問題が発生する行為

下記を行うと著作権を侵害し、法的に問題視されることがあります。そのため、行わないようにしましょう。

インターネット上で公開

不特定多数が見られる、もしくはダウンロードできる状態にすることは法的に問題があります。

第三者にデータを渡す

基本的に、第三者にデータを渡してはいけません。あくまで個人的に使用することのみに限定されます。

ダウンロードソフトでダウンロードできる状態にする

不特定多数が使用できるダウンロードソフトに流通させることも問題となります。

以上の点を注意すれば問題ありません。

個人的に使用することのみに限定して使用しましょう。

他人にスキャンを依頼する行為

自分でスキャンを行うのが面倒だからと言って、他人にスキャンをお願いしてやってもらうことも法律に抵触する恐れがあります。

一時期スキャン代行業者というサービスが存在しましたが、作者等の訴えによって多くの業者が廃業しています。

あくまで個人的なスキャン行為のみに留めましょう。

ドキュメントスキャナです。ネット上では使っている人が多い機種です。書籍や漫画を裁断してスキャンする際にはこの機種を選びましょう。

紙を一気に切ってくれる裁断機です。あまり太くない本であれば、本をカッターで分割しなくても裁断可能です。 本を切る時間を大幅に短縮してくれます。